「湘南住Select」は、湘南で家を建てる人のための工務店探しとオーダーメイドの建築事例を紹介するサイトです。

湘南の街並みを彩る家セレクションリノベーション事例工務店別施工実例集湘南のアーキテクト湘南の人情報誌の紹介湘南とは?
kokochie
>> この会社への資料のご請求はこちら
神奈川地所株式会社 建設事業部 ホームページ:http://www.house-zero.net/
E-Mail:info@house-zero.com
家づくり相談会を随時実施しています。実際に家をみていただいたり、私たちの家づくりをご案内いたします。
この会社の他の建築事例を見る
会社ID・050202
茅ヶ崎・I氏邸
施工・ハウスゼロ
エアコンの代わりに、自然の風を、光を 湘南のリズムを肌で感じる快適な空間
湘南独特のスローな時間を感じて
「実は、すぐそこにある家に住んでいたんですよ」。リビング・ダイニングのほぼ一面を占める大きな窓から斜め前に見える住宅を指して、奥様は現在の住まいづくりのきっかけを話してくださいました。戸建てが並ぶ通りから一本奥に入った、白×青のツートーンカラーがモダンなI氏邸。1階と2階に設けられたウッドデッキが湘南らしさを醸し出しています。「東京に住んでいた母と同居するということもあり、家を建て替えるためにこの土地を購入しました。もともとは竹林だったんですよ」。長年住み慣れたこの場所が気に入っていたそうで、他へ移ることはまったく考えていなかったとか。茅ケ崎に暮らして約15年。ご夫妻とも、出身は東京です。「喘息の長女のことを考えて空気のキレイなこちらへ来たんですが、住んだらとっても暮らしやすくって。どこかのんびりしているんですよね。時間を気にしないというか、あれ、気がついたらもうお昼?みたいな雰囲気で」。もう東京では生きていけない、と奥様は笑いながら続けます。
海まで歩いて数分。潮風に強いガルバリュームの外壁は、メンテナンスも楽なんだとか。
フラットな玄関から住まいの中へ。仕切りのない開放感を感じて。
写真左/ロフトの床には、天窓の光を階下へ通すためのユニークな窓を設置。強化ガラスなので乗っても安全。

写真右/2階にもウッドデッキのワイドなバルコニーが。
屋根にもウッドデッキを敷き詰めて、ちょっとした展望台に。
カウンターを設けたキッチンには目隠し用の壁を設けて、ダイニングから手元が見えないように。
そこは、エアコンのいらない家
新居づくりにおいて最もこだわられたのは「バリアフリー」。玄関はもちろん、居室、バスルーム、部屋からウッドデッキへの繋がりにいたるまでフルフラットで構成されています。階段のステップも、横幅や奥行きをたっぷりとって。天窓のおかげで、暗くなりがちな足下にも明るい光が照らします。2階の奥には、小さな3階ともいえそうな大きなロフトを設置。ロフトから繋がるデッキルーフは、夏になれば花火観覧の特等席です。「ポイントとなる要望だけを伝えて、あとのプランニングは神奈川地所におまかせでした。階段の天窓なども、提案してもらったものです。図面を引いてもらったら、何度もすり合わせをして…。細かい点は、建てる過程でいろいろとワガママ言わせてもらいました」。

こだわられたポイントはもうひとつ、「風通し」。クーラーが嫌いだというIさんの住まいにはエアコンがありません。でも、暑さを不快に感じることはないそう。リビング・ダイニングのサッシュを開け放てば、爽やかな風が通り抜けます。冬は床暖房が大活躍。設置されてない部屋も、ファンヒーターひとつでまかなえるのだとか。「朝起きて床暖房を入れても、午前10時くらいには止めてしまいます。場所はほとんど変わらないのに、前の家はわりと寒かったんですけどね」。住まいそのものの断熱性能の高さを、奥さまはそう語ります。

家の中でどこが一番お気に入りですか?と聞くと、「居心地がよければそれだけで。特にどこと意識したことはないです」とのお答え。住みはじめて約1年、Iさんご家族は新居にすっかりと馴染み、自分たちのリズムで毎日を楽しんでいるようです。ウッドデッキではバーベキューを、玄関まわりの外構には少しずつお花を植えて。湘南の光と風に包まれながら、ゆとりに満ちた暮らしを送ることの素晴らしさを、この住まいは教えてくれます。
この会社の他の建築事例を見る
この会社への資料のご請求はこちら
sp
kokochie
>> このページのTOPへ
ここちいい家づくり相談 | 会社情報 | プライバシーポリシー | トップページ