「湘南住Select」は、湘南で家を建てる人のための工務店探しとオーダーメイドの建築事例を紹介するサイトです。

湘南の街並みを彩る家セレクションリノベーション事例工務店別施工実例集湘南のアーキテクト湘南の人情報誌の紹介湘南とは?
kokochie
>> この会社への資料のご請求はこちら
ダンハウス株式会社 ホームページ:http://www.danhouse.co.jp/
E-Mail:danhouse@danhouse.co.jp
壱番館
壱番館
 
会社ID・050207
施工・ダンハウス
代表取締役 石渡良太(いしわたりょうた)
現代の家作りは、役割分担がハッキリしていますよね。お客様の応対は営業さん。図面を引くのは設計士さん。建てるのは職人さん。現場を管理するのは監督さん、という具合に。でも、かつての地域の棟梁というのは、そのすべてを一人でやっていたんですよ。勿論、棟梁一人(弟子も使って)が建てられる棟数は年に数棟が限度だと思いますが。そうして建てられた家は長持ちするんですよね。そして、狂いもこない、使うに従って味が出てくる。棟梁達はこれが自慢だったんですよ。

ダンハウスの創業は、バブル景気の頂点の頃でした。当時から世間の流れとは関係なく、どうしたらお客様に喜んで頂ける家作りができるかを模索する日々でした。そうして18年が経ち、結果、手がけた家のすべてからと言っていい程、感謝とお褒めの言葉をいただいたんですよね。今考えてみると、仕事に対する姿勢も然ることながら、結局、自然自然にかつての棟梁と同じことをしていたのだなと確信のようなものを覚えました。
勿論、本物の大工の棟梁の片棒を担いでの話ですが。私たちは家作りに際して、必ずお客様にお願いするのは、“職人さんを大事にしてください”という事。実際に家を建てるのは職人さんなんです。

施主として大事なことは、職人さんが“いい仕事ができる”、又は“いい仕事をしてもいい”環境作りをする事。それが、いい家を作る秘訣なんです、と。ダンハウスの家作りでは、お客様も設計スタッフの一員です。現場監督だってやってもらう事もあります。施工に関わる方も中にはいます。ダンハウスの家作りでのお客様は、いわゆるお客様としてのポジションは用意されていません。家作りの大事な要となるスタッフの一人になっていただいています。エネルギー(勿論、プラスのエネルギー)は使いますが、我が家が完成した時の感動もひとしおです。そして、その感動は何かにつけてお客様の人生に一生ついてまわります。
この会社への資料のご請求はこちら
sp
kokochie
>> このページのTOPへ
ここちいい家づくり相談 | 会社情報 | プライバシーポリシー | トップページ