「湘南住Select」は、湘南で家を建てる人のための工務店探しとオーダーメイドの建築事例を紹介するサイトです。

湘南の街並みを彩る家セレクションリノベーション事例工務店別施工実例集湘南のアーキテクト湘南の人情報誌の紹介湘南とは?
kokochie
>> この会社への資料のご請求はこちら
神奈川地所株式会社 ホームページ:http://www.kamakura-standard.com/
E-Mail:info@kamakura-standard.com
家づくり相談会を随時実施しています。実際に家をみていただいたり、私たちの家づくりをご案内いたします。
 
この会社の他の建築事例を見る
会社ID・163206
日本古来の伝統工法を、鎌倉の街に復活させたい

 古民家再生を得意とし、伝統の技と現代的なデザインが融和した住まいを手掛ける戸井田工務店。
新社長の戸井田晃英さんは、そこからさらに一歩踏み込み、昔ながらの伝統工法にチャレンジしようとしています。
職人の技術の粋を極め、手間と時間をかけてつくる伝統工法の住まいとはどんなものなのか、お話を伺いました。

日本古来の工法で長持ちする家を
家族のためを思って買った家は、多くの方にとって一生に一度の宝物。なのにローンを払い終える頃には建て替えが必要なほど古びてしまっている。その現状をどうにかしたいと思いました」。 
そう話すのは、和の心を大切に、地元鎌倉の街並みに馴染む家づくりを唱える戸井田工務店の社長、戸井田晃英さん。昭和10年創業の会社を先代から受け継ぎ、日本古来の伝統工法にチャレンジしようとしている。
 「伝統工法とは、簡単に言うと木組みそのもので家を建てるということです。コンクリートで基礎固めせず、金物も使わない。柱と梁を力強く組み合わせることで、耐力を生み出します。耐震性を心配される方もいますが、古くから残るお寺や神社は伝統工法で建てられているんですよ。木組みだけで固められた柔軟な構造体は、地震の揺れに強いことが証明されています」。

今の時代にあわせて住み心地も大切に
伝統工法を復活させるため、寺社仏閣が多く残る関西へと調査に赴き、職人の話を聞いてまわったという戸井田さん。さまざまな制約をクリアし、現在は1棟目となる伝統工法の家を鎌倉に建築中だという。
 「何が大変かって、とにかく手間がかかる。ひとつひとつ人の手で仕上げていくので、時間もかかります。でも、大工さんは喜んで作業してくれていますよ。伝統工法は、腕のいい職人の活躍の場になると思っています」。
 もともと鎌倉は、古きよきものに憧れを抱き、移住してくる人が多い土地。昔ながらの和の住まいに興味を持つ人に向けて、伝統工法の良さを広めていきたいと話す。
 「とはいえ、古くさいものをつくりたいわけではありません。今の時代にあった設備やデザインを取り入れて、快適な住み心地を実現しようと思っています。長く住み継いでいくことのできる家を増やし、そこに暮らす人が誇りを持てるような街並みをつくっていけたら嬉しいですね」。

 
 
この会社の他の建築事例を見る
この会社への資料のご請求はこちら
sp
kokochie
>> このページのTOPへ
ここちいい家づくり相談 | 会社情報 | プライバシーポリシー | トップページ