「湘南住Select」は、湘南で家を建てる人のための工務店探しとオーダーメイドの建築事例を紹介するサイトです。

湘南の街並みを彩る家セレクションリノベーション事例工務店別施工実例集湘南のアーキテクト湘南の人情報誌の紹介湘南とは?
kokochie
>> この会社への資料のご請求はこちら
株式会社パパスホーム ホームページ:http://www.gaku-sekkei.com/
E-Mail:gaku-sekkei@nifty.com
 
壱番館

この会社の他の建築事例を見る
 
 
岩間幸司 Koji Iwama
エコ意識の高い施主から支持を集める一級建築士事務所「設計工房 楽(GAKU)」の代表。施主が直接、施工業者や職人へ業務を発注する
「直営方式」を採用し、「顔の見える家づくり」を大切にしている。
深い緑の中に佇む、
築50 年の旧家をリノベーション

Architect's Message
今回は、築50 年の古民家を和の空間へと再生することでしたが、木造在来工法の中古住宅であれば、住まう人の要望に応じてどのような味わいも出すことが可能です。設計工房 楽(GAKU)が大切にしているのは、お施主さまに参加してもらう家づくり。そうすることで、住まいに対してより深い愛着を持ってもらうことができるからです。今回のお施主さまには、庭の草刈りと床材の塗装、キッチンのタイル貼りを担当してもらいました。大変ではありますが、自分の家を知るいい機会。建てた後の思い出にもなりますので、私たちは強くおすすめしています。

 北鎌倉の緑の中に建つ推定築50年の古い家が、この地の自然環境に合った和の住まいへと生まれ変わりました。手掛けたのは設計工房 楽(GAKU)の岩間幸司さん。大切にしたのは、この家の持つ歴史とお施主さまの思いでした。長年、愛着を持って使われてきた建具や家具、照明などはできる限り活かすということ。その上で、現代の暮らしに合わせた利便性や使い勝手を追求するということ。必要な構造材を補強して、これから先50年、安心して住まうことができる家が完成しました。昔のままの建具は、新しく取り入れた自然素材の空間にしっくりと調和し、むしろ味わいが際立つよう。どこか懐かしい和の雰囲気に、お施主さまも大満足のリノベーションとなりました。

1、外壁材には杉板を使用。ラフな雰囲気を出すために、あえてプレ
ーナーをかけず、木の素材そのままに仕上げてある。
2、4、照明の灯りと外光がやさしく室内をめぐるように設計された和室。お施主さまが選んだ建具が美しい。床の間の床柱の桧は、枝がついていたものを切って使用。
3、ピアノ室には椹(さわら)の木を床に張り、壁には調湿・蓄熱効果が高く、音を吸収する土壁を施した。高い天井とあいまって、奥行きのある音を生み出す。
5、安心して暮らしてもらえるよう、傷んでいた木材を交換。土台を換
え、一部の柱は根継ぎして補強した。
6、キッチンには桧のカウンターテーブルを造作。緑の景観を感じられるよう、ドアや窓を配置した。
7、玄関の土間は、玉砂利の洗い出し仕上げで和の雰囲気を。松の木を加工した踏板は、腰掛けにも利用できる。

1、2、3、お施主さまが使いたい建具や照明を、自ら選んで現場に支給。家にあわせて足りないところは継ぎたし、余ったところは幅をつめて、手作業で作り上げていった。

 
この会社の他の建築事例を見る
この会社への資料のご請求はこちら
sp
kokochie
>> このページのTOPへ
ここちいい家づくり相談 | 会社情報 | プライバシーポリシー | トップページ